lisabebiart blog

胃腸が弱い私と便秘の話

胃腸が弱い人間というのは、お腹が弱い人が多いですよね。

 

その為、お腹を下しやすい人というのが多いそうです。
ただ、胃腸が弱いといっても、腸が短い人もいます。

そういう方は逆に便秘になりやすかったり、消化の悪い食べ物は消化できない事が多々あるそうです。

 

例えば、きのこ類なんかは良い例で、きのこは消化が悪くそのまま便として出てくる事があります。

 

消化が悪い分、腸にいつまでも残ってしまい病院に運ばれてしまう事もあります。
私の知り合いでも腸が短い方がいて、いつも便秘を治す方法として座薬をしていたり、下剤を飲んでいます。

 

他の人よりも腸の働きが悪いので酷ければ一週間でない事もあるそうです。

 

きのこ一つで入院騒ぎになった事もあります。
元々の便秘体質という方もいますが、そういう方は体質を改善すると意外と便通が良くなるものです。

 

ですが、腸などに問題がある場合は中々改善されないのですから、大変ですよね。
病院に通院するしか道はないのでしょうか。

はっきりと結婚の意志を言おう

 物事ははっきりといわないと相手に伝わらず、悶々として、結果ダメだった〜なんてことがほとんどです。

 

自分の言いたいことを察してくれる相手なんていたら、それこそ一生の宝物にすべきだと思います。
 して、なぜこのようなことを突然言い出したのかというと、自分の馬鹿さ加減にもあきれが来たというのもありますが、それ以上に痺れを切らしました。

 

そこはかとなく今付き合っている彼女に結婚したい、っというような気持ちを打ち上げてはいたのですが、なかなか伝わらず。
自爆して、やけになっていることが最近多くなったからです。

 

分かってくれ、ってちょっと自分勝手ですが思っているんですが、なかなかそうは行きませんね。
彼女も、天然なのか、それとも分かっていて、その手の話題を避けているのかもしれませんが、一切振ってきません。

 

かれこれこんなのがもう三ヶ月近く続いているものですから、もうそろそろ男らしく突撃してもいいですよね。

 

じゃないと、本当に暴走してしまいそうで……。

全く家事ができなかった旦那が弁当を作ってくれます

旦那は今まで、ずっと料理、家事など全くしたことがありませんでした。全部私がしていましたので、する機会もなかったですし、料理が苦手な旦那の食べ物はまずくて食べれませんでした。
しかし昨年わたしが急に倒れて緊急入院。1か月入院生活を送りました。さあ、わが家は大パニックです。子供たちに食べされることができなくなってしまいました。毎日、お惣菜の嵐。これには、子供たちも大ブーイングでした。仕方なく、旦那は家事に挑戦。苦手な料理を毎日頑張って作ってくれました。最初は1品作るだけでも時間がかかっていたのに、しばらくすると2品、3品と作れるようになりました。婦人雑誌を見てレシピを見る顔は真剣そのもの。わたしも早く病気を治して家に帰らなくっちゃと思いましたね。
無事、退院できましたが、当分は寝ていましたので、旦那が家事を子供たちと分担しながらしてくれました。今では、毎朝子供の弁当も作ってくれる旦那です。子供たちにも好評でお父さんのほうが卵焼きはうまいらしいですよ。感謝しています。

歯科医院で目を開けながら治療を受ける私

私は今、インプラント治療の為に歯科医院に通っています。そのせいか、夫との会話の中に「歯科」についての話がよく出てきます。ある日の話題は歯科医院での治療中、目を開けているか閉じているかという内容でした。
夫は歯科医院に対し、かなりの恐怖感を持っており絶対に目は閉じて治療を受けると言っていました。しかし、私は必ず目を開けています。何故なら、何をされるか見ていないと不安になってしまうからです。医師からの説明を聞くだけでなく、実際自分の目で医師の動作や使用する機械を見ていた方が心構えが出来て安心します。

 

「何も見えない」という恐怖に勝るものはないと私は思うのです。なので、私は目を開けて医師の手の動きを見たり、時には天井や口腔内を照らしているライトを見ています。医師や衛生士の顔は目が合うと恥ずかしいので絶対に見ません。
それに、目を閉じていると自然に口までもが閉じてしまいそうで気が気ではないのです。子供の頃から歯の治療中は目を開けていたので、癖になっているのかもしれません。

 

インプラントの治療はまだまだ時間がかかりそうなので、今度機会があったら医師に聞いてみようかと思っているのです。治療中に目を開けている人と閉じている人の割合を。